11.19
Monday
2007

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


06.10
Sunday
2007

平治岳のミヤマキリシマ1
数十年ぶりの大咲きと言われた2005年に登って以来ですが、
二年ぶりに九重連山の平治岳にミヤマキリシマを見に友達と登って来ました。
毎度の事ながら、晴れの天気予報は大外れで朝から曇り空模様。
山頂に到着直後は一面霧の中だったのですが、
しばらくすると霧だけは何とか晴れてくれて、
一面を彩るミヤマキリシマを堪能する事が出来ました(^^)

平治岳のミヤマキリシマ2
平治岳には本来山頂といわれてる北峰ともう一つの峰の南峰があるのですが、
上の二つの写真は共に南峰の南斜面側で撮影したものです。
ご覧の通り、この次期には一面を多い尽くすミヤマキリシマの絨緞になります。
北峰の方にもある程度群生はしていますが、
迫力と言った点ではこちら側のほうが良いですね。

ちなみに僕らは裏道ルートと言われてる平治岳北登山口から登りましたが、
この南峰の斜面を登ってくる一般的なルートは超渋滞の大行列!
登山地図上では20〜30分くらいの所が、
なんと2〜3時間待ちの人の列が山頂まで続いてました冷や汗
登るのを諦めて下山したと言う方も結構居られましたね。

白籏史朗さん
余談ですが、山頂で人垣に囲まれてる白髪のおじさんが居られました。
記念撮影をお願いしてる人もいたりしてたので有名な人なのかなとか思ってました。
傍にいた人に世界的に有名な山岳写真家とかお聞きしてたので、
かえってグーグルで「山岳写真家」で検索したら一番上にHIT!
「白籏史朗さん」と言う方だったようです。
他にも僕は気付かなかったのですがオリンピックマラソンランナーの、
「宋さんご夫妻」も居られたようです。
(コチラのHP参照→九州の山歩きにようこそ
結構有名な方もチラホラ見えられてるようですね(^^ゞ


11.19
Monday
2007

スポンサーサイト

  • 22:16
  • -
  • スポンサードリンク
  • -


Comments









Trackbacks